適性検査ってどんな内容なの?適性検査をするメリットは?


そもそも適性検査とは?

適性検査とは、大まかに言えば仕事、職業、環境などの条件に対して、その人がどれくらいの適正を備えているかを測るテストです。
ですが、適性検査にはいろいろな種類があります。もしあなたが会社の人事部門を担当しているとしたら、どんな適性検査を導入すればいいのか、悩むこともあるかもしれません。
そこで今回は、様々な適性検査について簡単に紹介していきます。

適性検査の種類とは?

適性検査には大きく分けて三つの種類があります。
一つは、能力的な適正を測るものです。
新卒や中途採用などの際に、求職者の一般的な能力や、社会通念上の常識を持っているかを測る試験です。
もう一つは、対象者の性格を測るものです。
対象者が仕事や環境に対してどれくらいのストレス耐性を持っているか。あるいは、こつこつと努力する性格なのかなどを測る試験です。
最後は、どのような嗜好・興味を持っているかを測るものです。
これはその人物がどのような価値観で選択をするかなどの嗜好性をみる試験です。

適性検査のメリットとは?

適性検査を行うことで、企業は客観的な結果に基づいて、試験を受けた人物を判断できます。
採用を複数人で行う場合は、統一された検査基準で求職者の可否を決めることができるでしょう。
また、適性検査を行うことで、実際に会社に入ってからの配属を決める際、その参考とすることもできるでしょう。
いかがでしたでしょうか?
適性検査を導入するには準備などの手間も必要ですが、得られた情報をデータ化することなどができれば、その後の採用にも役立つものとなります。採用基準などに困ったら、適性検査の導入を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

SPIとは、適性検査の種類のひとつで、多くの企業の採用試験で用いられています。SPIの結果から性格や考え方が分かり、入社後の配属先の参考にするなどして活用されます。