引っ越しに先立ってこれを処分しておくといいというものは?


古い大型家電は思い切って処分しよう

引っ越しをする場合、当然、現在住んでいる部屋、あるいは家にあるものを引っ越し先に運ばなければなりません。しかし、なんでもかんでも持って行くと、作業が大変になりますし、その分、お金がかかってしまいます。引っ越しをする前にできるだけ物を処分して、できるだけ荷物を少なくした方がいいでしょう。では、引っ越し前にこれは片付けておいた方がいいというものとしては、どのようなものが挙げられるでしょうか。まず、大型家電はできるだけ処分した方がいいでしょう。購入した時期にもよりますが、たとえば10年前のものと今のものでは消費電力がかなり違い、買い換えると電気代が半分になってしまうというケースも少なくないからです。また、エアコンの場合、引っ越し先の部屋の大きさと性能が合わないといったことも考えられます。

子供が成人しているのに学習机は必要?

皿などの食器類も処分してしまった方がいいものです。食器を引っ越しで運ぶ場合、割れないように梱包する手間がかかりますし、引き出物などでもらったものの、まったく使っていないということも少なくありません。不要な食器を処分することで荷物の圧縮、手間の削減が期待できます。大型家具も処分のチャンスです。特に子供がすでに大きくなっている家庭では、学習机が不要になっているのに捨てるのが面倒、大変という理由でそのままになっていることが結構あります。本来は不要な学習机を、わざわざ苦労して引っ越し先に運んでいくのは無意味です。

断捨離と呼ばれる自宅にある不用品の処分は、トラックで出張してもらえる不用品の回収業者に依頼するのがおすすめであり、年式が新しい場合は買取を行う業者も存在しています。