調べてみよう!白色申告は青色申告と何がどう違うのか


白色申告は記帳が簡単でわかりやすい

白色申告は青色申告より記帳がシンプルで、事前申請の必要もありません。青色申告をするには、所得税の青色申告承認申請書の提出が必要になります。開業届しか出していない事業者は、自動的に白色申告を行う流れです。白色申告には青色申告のような特別控除がありません。申告方法が簡単で、経理業務が少ないのも特徴です。白色申告は、節税よりも申告処理を早く終わらせたい方にも向いています。おおまかな経費を計算するだけで申告出来るので、確定申告が苦手な方にも最適な方法です。青色申告と同じように、収入額に関わらず帳簿をつける義務があります。白色申告は、単式簿記の簡易帳簿による記帳でも大丈夫です。取引年月日や金額などの記録も、現金による少額の取引であれば1日ごとにまとめられます。

白色申告は赤字を繰り越せない

白色申告は青色申告より手間が少なく、事務作業も比較的簡単です。現金出納帳や家計簿のように、専門的な知識がなくても記帳が行えます。青色申告は赤字を翌年以降3年間の黒字から差し引くことが出来ますが、白色申告は赤字を繰り越せないので注意が必要です。青色申告は家族への給与は全額経費になりますが、白色申告では配偶者が86万円、配偶者でなければ1人50万円までとなっています。決算書は青色申告が貸借対照表と損益計算書、白色申告は収支内訳書の作成が必要です。手続きを簡単に行いたいときは白色申告、少しでも節税をしたいときは青色申告を選ぶのが良いでしょう。

白色申告は、簡単に言えば確定申告の種類の一つで、青色申告よりも準備や手間がかかりませんが、申告による節税効果が少ない事です。