スムーズに事業承継を行うためのポイントとは


誰に承継させるかが重要なポイント

社長の経営手腕に依存していることも多い中小企業にとっては、どのように事業承継を行うかは大きな問題となります。後継者が見つからず、廃業に追い込まれてしまうケースも少なくありません。スムーズに事業承継を行うことができれば、取引先との信頼関係や企業イメージの保持にも貢献し、さらなる事業の発展にもつながるでしょう。事業継承を行う上で重要となるのは誰を後継者に選ぶのかです。中小企業の場合は親族による承継も多いです。企業の理念や体制を引き継ぎやすいのが利点ですが、素質の問題や考え方の変化から引き継ぎを望まない事例も増加していることから、親族以外の従業員に引き継がせるケースもあります。従業員による承継は意欲や能力が高い場合が多いですが、株式を保有するための資金力が必要不可欠です。他にも、M&Aを利用して第三者への事業承継を行う方法もあります。

十分な時間を確保することが成功の秘訣

事業承継を行うには長い時間が必要となるため、時間的な余裕をもって取り組むことが成功させるための秘訣です。特に後継者選びや育成に関しては時間がかかります。親族や従業員に承継させる場合は早い段階で後継者を確保することができるので、十分な準備が可能です。早期のうちに後継者教育を始めることができれば、必要な能力も付きますし、社員や取引先からの信頼を得ることにも役立つでしょう。第三者による事業承継の場合は、相手に経営のノウハウがあるので、後継者教育のための時間は必要ありません。しかし、経営が悪化した状態では買い手にとって価値が乏しくなるので、経営が安定しているタイミングで事業承継に踏み切ることが重要になります。

事業承継とは、親族や従業員等に事業を承継、譲渡させることです。事業継承の概要、メリットやデメリット、また株式の承継に伴う納税猶予や免除制度の概要など、慎重に検討した上で進めていく必要があります。