法人向けパソコンの選択とメンテナンスについて


大きな違いはメモリの大きさであること

法人用パソコンは家庭用と比べるとどうしてもテキストファイルが多くなってしまって、管理がたいへんに思われる社長も多いと思われますが、

今の時代、震災のあったことを踏まえて、自社のサーバーより安全なクラウドというレンタルサーバーが主流になっていますので、災害で

ファイルが喪失してしまうこともなくなって、法人に限らず、パソコンを扱う人には非常に楽な管理ができることになりました。法人なら比較的に安価で、管理費をだしても、手間のかからない管理ができますから、共有できるサーバーと倉庫サーバーと分けることでより安全になります。書類はクラウドサーバーで、決済がとれたものは、別のクラウドサーバーへ保管するという方法がベストです。ただ、法人の陥りやすいことではそのシステムが理解できない人たちが操作を間違えると意味が無くなります。そこが一番むずかしいところですね。

ハードの選択とソフトの選択

今の時代は家電量販店でさえ、アプリケーションソフトが売れなくなってきているほど、簡単な方法でその場で購入できますが、機械も同じで、メーカーに注文すれば直に導入出きる時代です。ノートでもデスクトップでもモバイルでも社員なら好みの問題で、特別な物があるわけでもないですが、ただ法人では作業用と保存用を別にしてた方が賢明です。インターネット用とローカル用と同じものを保存して置いても便利です。また一度ダウンロードして保存すれば、ローカルでも使用でせきますので入れ替わり社員が変わっても慌てないでも済みます。

社会人にとってPCは必需品です。携帯できるビジネスパソコンを持っていれば、どこに行くにも仕事が捗ります。