読み手から評価される社内報に仕上げるためのポイント


タイトルの決め方や文章の書き方知ろう

会社の規模が大きくなり、社員や部署、支店の数が増えていくと、社内で起こったことを全て把握するのは難しくなります。そんな時は社内報を作成し、社員に配布することによって1人1人が把握できます。

ただ、起こった出来事を書き並べるだけでは内容をイメージし辛いですし、きちんと読んでもらえない可能性があります。そのため、社内報を作成する場合はタイトル決めや書き方、写真の使用など色々とチャレンジすることが大事です。タイトルはわかりやすくて短い内容にすることをおすすめします。

また、文章の書き方は誰が読んでもわかりすい言葉遣いで仕上げるのが良いでしょう。文章だけでは飽きてしまう場合があるので、写真を使えば最後まで読んでもらえる可能性は高くなります。

情報をコンパクトにまとめるのが重要

社内報を作成する時は、情報をコンパクトにまとめるようにしましょう。あくまでの社員向けなので、取引先に配布するようなものではないです。

そのため、凝った内容にするよりは、伝えたい情報をコンパクトにまとめて掲載した方が、読み手は短時間で確認できます。1回の量は少なかったとしても、定期的に作成していれば1年間でまとまった量になります。たとえば、月に1回のペースで作成すれば、社内報を年間で12回配布します。

このペースならきちんと社内報に目を通してもらえば、社員で情報を共通できるようになります。社内報を短時間でコンパクトに作成するためには、レイアウトを決めてしまうのがポイントです。そのため、これから取り組む場合はまずレイアウトから検討しましょう。

社内報を一人でも多くの従業員に読んでもらうためには、従業員一人ひとりに寄り添った内容が求められます。具体的には、知っておくと便利なマメ知識や従業員紹介などのコンテンツがおすすめです。